2. FST-01 のハードウェア概要

FST-01のハードウェア概要を下記に箇条書きで示します。

  • 大きさ: だいたい 41mm x 13mm (USB Aプラグ含む)
  • USB バスからの電力供給で動く
  • MCU: STM32F103TBU6 : 32-bit ARM Cortex M3 アーキテクチャ
    • MCU は72MHzで動き、flash ROM 128KB, RAM 20KB を持つ
  • 外部 SPI Flash Memory: 4MB
  • 拡張ポート: USB ポート(フル・スピード)、SWDポート(書込、デバッグ用)、I/Oポート(2-pin)、電源ポート(3.3V, GND)

2.1. FST-01 の拡張ポート

FST-01 には拡張ポートとして全部で7本のpinが出ています。

(Top View)

                    SWD port
                    (GND, SWD-CLK, SWD-IO)
Power port +---------------------+
       Vdd |[]           []()() -------+
       GND |[]                  |      |
           |()() I/O port       | USB  |
           |      (PA2, PA3)    |      |
           |                    -------+
           +---------------------+

2.2. 拡張例

Vdd, GND, PA2に秋月電子で売っている赤外線モジュール PL-IRM-2161-C438(二個で100円)をつなぐことができます。これによって、赤外線リモコンからの入力を受け付ける応用が可能です。

Table Of Contents

Previous topic

1. FST-01について

Next topic

3. NeuG True RNGの使い方

This Page